社会人の身だしなみ 男性(これだけは気を付けよう)

 

身だしなみ のについての記事はこちら

この辺りでも説明しているように、身だしなみというのは、相手に不快感を与えない事、また場所や場面によってふさわしい服装をする事を言います。

ではまず オフィスの場合どのような事に気を配る必要があるでしょうか?

これから社会人になる方、なども含めて参考にしてもらえれば幸いです。

 

オフィス(職場)での身だしなみ 男性

男性の場合最低限以下の3点を心得ましょう。

清潔感がある事。

周りの人に不快感を与えない事。

職種に適した服装である事。

 

男性の仕事場と言っても職種によって服装なども異なってきます。

大きなカテゴリで言えば、事務なのか 営業なのか、クリエイティブな仕事なのか?本当に様々だと思います。

よって全てにおいて正解というものはありませんが 幾つか例をあげていきます。

 

たとえば極端な話になりますが 営業の場合は、多くの人と接する事になりますので、とくに見た目だけでなく匂いにも気を付ける必要が出てきます。

また幼稚園や学校、保育園や介護施設など老人や子供と接する仕事の場合においては、色使いも明るい色、当然ですが動きやすい服装の方がよいでしょう。

会社によっては制服があるケースもあるので、そういった場合には通勤には私服となるので、殆ど気にしなくても良いと思います。

 

あらゆるビジネスシーンで共通する服装で気を付けるポイント

職業は無限になりますし一概に言えませんので、まずはここで 大まかな基本ベースを解説します。

仕事が社外の人と接する場合でスーツを着用する場合…これが結構多いと思いますが この場合は、スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴 これが基本ベースです。

 

色合いなども含めて もしも正しいかどうか不明な場合には 既に勤務されている会社の人の服装をチェックしてください。

何色のスーツを着ている?

何色の靴を履いている?

どのようなカバンを持っている?

このように見て観察する事がベストです。

とりあえず 無難に「似たようなものにしておけば害はない」と言えるでしょう。

 

またその中で共通するポイントを解説しますね。

 

スーツ着用の職場(オフィスの場合)

① 最低限、シワのチェックをする これは心掛けましょう。

こういうプレッサーは非常に役立ちますよ。

ズボンのシワ、シャツのシワ、

これは、マジで神の領域です。

出先でも少しシャツのシワに気付いたら これで綺麗に伸ばす事ができます。

②靴下

靴下は、穴が開いたりかかとが薄くなってないですか?靴を脱ぐ事がない!と甘く見る人が居るのですが 万が一の事を考えて最低限、靴下に穴がないかチェックはしてください。また靴下の色は、白は辞めましょう。汚れも目立ちます。お薦めの色は黒か紺色系のものがお薦めです。

③シャツの色

シャツの色は、白やグレー系がお薦めです。当然ですが派手な色は避けましょう。

これも 仕事をする職場の雰囲気、既に居る社員のシャツの色を見て決めると良いでしょう。

殆どが白やグレー、薄いブルー色のような 薄い色が多いと思います。

とくに最初は、個性を出そう!などと考えない事がポイントです。

③ネクタイ

基本的にビジネスシーンと言えば、ストライブが無難です。シンプルなものを選びましょう。

④靴

ビジネスでは、基本的に黒かブラウンです。

先程も靴下について書きましたが 靴下の色も黒などの濃い色にしておけば 黒の靴でもブラウンの靴でも合わせられます。

 

スーツ着用でないオフィスの身だしなみ クールビズやオフィスカジュアル

クールビズの職場も実は増えています。

クールビズとは

クール・ビズは、日本において、夏期に環境省が中心となって行われる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその方向にそった軽装のことを示す造語。

このようにウィキペディアでも書かれていますが、いわゆる軽い服装です。

最近は、「オフィスカジュアル可」とする企業が増えています

クールビズもオフィスカジュアルも同じような意味ですが、コーディネートや髪型、アクセサリー、靴などの選択範囲が増えます。

職場もスーツ、制服という規定があると余計な思考を張り巡らせる必要がないのですが 自由度が高い職場ほど頭を抱えて考えること、気を付ける事が増えてきます。

 

オフィスカジュアルやクールビズってどんな服装なのか

オフィスは仕事をする場ですので、「ビジネスの場にふさわしい服装でカジュアル」という事が定義になります。

フォーマルではなく、ビジネスに適用する服装という事なので基本的にやはり、仕事の職種にも左右される事になります。

そこで最低限大事なポイントは、以下の通り「NGの服装は気を付けよう」です。

NGの共通点を守っておけばだいたい大きな失敗は、ありません。

オフィスカジュアルやクールビズ、共通点のNGになる服装

目が奪われるような強烈さは職場の風景の調和を乱し、視線を邪魔するという事を覚えておきましょう。

キャラクター柄などは不向きと言えますね。

また肌の露出が少ないものやボディラインを強調したものは一般的な職業では、お薦めできません。

 

ただやはり職場の雰囲気などによっても変わってきますので追求するとキリがありませんが、答えよりも現実の職場を見て決めるのが一番賢い考え方です。

既に入社して働いている先輩の服装を意識するのが正解です。

服のブランドなんて真似る必要はありませんが、だいたい着用している服装の色使いや種類を参考にする事が一番無難な選択肢です。

そして、一般的なオフィスでは、清潔感があり、シンプルで派手でない服装がオフィスにふさわしいという事をベースとして、自分や職場環境に合わせて少しずつアレンジを加えていく…これが一般的に最も効果的な考え方です。

どのような身だしなみと言っても結局は身だしなみは全てにおいて職場の雰囲気や職業によって変わってくるので、一概に、「こういうものが良い」という事は、無いと思います。

何かを参考にしたい場合は、ピンタレストも役立ちます。

 

ピンタレストで クールビズを検索

 

オフィスカジュアルを検索

 

このように参考になるピンを見て自分の職場の雰囲気と照らして見るのも一つの方法です^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。